グランドスタッフになると決めたら

専門学校の就職率

専門学校の就職率

専門学校の就職率 グランドスタッフは、航空機の運航に伴うさまざまな地上業務を担当する職種です。
広義には機体の整備や精巣などの業務も含みますが、一般的には空港カウンターでの発券や荷物の受け取り、搭乗案内といった接客サービスを指します。
グランドスタッフになるのに特別な資格は必要ありませんが、多くの企業では専門学校卒業以上の学歴、及び一定の語学力を求めています。
その他に、接客マナーや航空業界に関する知識なども問われることがあります。
そのため、多くの人はグランドスタッフ専門学校に通って知識やスキルを身につけてから就職に臨んでいます。
学習の機会が得られるというだけにとどまらず、グランドスタッフ専門学校には就職率が非常に高いという魅力があります。
就職に関する全国的な統計などはありませんが、学校単位での数字はそれぞれ発表されています。
それによると、大半の専門学校が就職希望者に対し95%以上の就職率を誇っており、100%を謳っているところも少なくありません。

グランドスタッフ専門学校に進学した方が就職に有利?

グランドスタッフ専門学校に進学した方が就職に有利? グランドスタッフ専門学校は空港で働くグランドスタッフを養成する学校です。
このほか、グランドスタッフやキャビンアテンダントの課程を開設している外国語専門学校や観光専門学校などがあります。
グランドスタッフの求人倍率は大手航空会社で50~100倍といわれています。
非常に狭き門ではありますが、就職するのに特別な資格は必要なく、専門学校または短大卒以上の学歴とTOIEC550点ほどの英語力があれば入社できます。
専門学校は元グランドスタッフなどのが講師を務め、合格までのステップや必要なスキルについて実践的に指導してくれます。
また、周りの学生も同じ目標を持つ同志であることも大きな力になるはずです。
4年制大学に比べ学べる期間は2年と短いですが、その分学費は大幅に節約できますし、早く就職することで自分自身のスキルを早く高めることにもつながります。
グランドスタッフ専門学校を選ぶ際は、資料請求をし、実際に学校を見学して雰囲気を確かめることが大切です。