グランドスタッフになると決めたら

グランドスタッフ専門学校についての情報がいっぱい!

グランドスタッフ専門学校の入試の難易度

グランドスタッフ専門学校の入試の難易度 お客様が空港に来てから飛行機に搭乗するまでをサポートする、航空業界の顔とも言えるグランドスタッフ。
人気の職種であるがゆえに採用倍率が高いです。
そんなグランドスタッフになるためにはどうすればよいのでしょうか。
一つの選択肢としてグランドスタッフ専門学校に通い、専門知識を学ぶという道があります。
では、そもそもグランドスタッフ専門学校の入試ではどのようなことが出題されるのかご紹介します。
専門学校はいくつか存在しますが、入試というものは特にない代わりに、学校ごとに目標とする資格が定められています。
ゆえにその資格を保持していると入学後の勉強をスムーズに進めることができるといえるでしょう。
具体的には、英検2級~準1級、秘書検定2級~準1級、手話技能検定4級、コンピュータサービス技能評価試験ワープロ部門3~2級等が挙げられます。
外国人を相手に接客する場面も多い職業であるため、英語能力は必須です。
英語以外にも様々なお客様に対応できるようスキルを磨く必要があります。

グランドスタッフ専門学校の面談の準備と心構え

グランドスタッフ専門学校の面談の準備と心構え 航空会社のグランドスタッフ(地上職)は、キャビンアテンダントとは違う縁の下の力持ち的な仕事です。
華やかなイメージのCAではなくあえて地上職を目指し、グランドスタッフ専門学校の門をたたく人もいるでしょう。
面談で必ず聞かれるのは、なぜあえて地上職を選んだのかということ。
マニュアル通りでなく、自分の言葉で志望動機をアピールするといいでしょう。
たとえば自分や家族、友だちが飛行機で旅行した時のエピソードを交えると印象に残りやすくなります。
遅延やトラブル、乗り遅れやダブルブッキングなどのとき、グランドスタッフの丁寧な対応で救われた経験などです。
具体的な体験をもとに「どうしてもグランドスタッフ専門学校で学びたい」と話せば面接官の心に響くはずです。
グランドスタッフは高いコミュニケーション能力も必要なので、グループ面談を行うこともあります。
個人・グループのどちらの形でもはっきり自分の気持ちを言葉にし、分からないことやうまく答えられないときも臆せず堂々と対応しましょう。
黙ってしまうよりは、「分かりません」「不勉強で申し訳ありません。
今は分からないので、これから勉強します」など前向きな発言に替えるのもおすすめです。